車の買取業者とオークションの相場は異なるもの

車の売却をする為の方法は、大きく分けると2通りです。オークションなどに出品をするか、業者にお任せをするかのどちらかです。

ところでどちらを行うにしても、相場を把握しておくのはとても大事だと思います。相場を把握しておいた方が、妥当な金額で売却できる確率が高まるからです。ただその相場といっても、実は2種類があります。

まず1種類目ですが、オークションでの相場です。オークションでは、日々車の落札が行われています。そしてオークションには落札相場があります。オークションに出品する事を考えているのでしたら、出品前にオークション相場を把握しておくのは大事だと思います。不当に安く買われるのを防止するためです。

そしてもう1つの相場ですが、車の買取業者によるものです。何社かに車の買取の査定を依頼していけば、だんだんと車の売却相場というものは見えてきます。さすがに5社や6社などと多数の業者に対して査定を依頼すれば、だんだんと相場をつかめると思います。
ラパン 買取
ところで買取業者から提示される相場は、オークションで通用するとは限りません。というのもオークションと買い取り業者の相場というのは、そもそも別のものになります。

買取専門店というのは、顧客から買い取った車を独自の所に流しているケースが多いです。その過程では、色々な業者が関係してきます。このため買取業者として、中間マージンを差し引いた金額を顧客に提示しているケースが多々あります。しかしオークションの場合は直接の売買になりますので、中間マージンはありません。ですので必然的に、オークションと買い取り専門店による金額相場は異なってくる訳ですね。

売る所が異なれば、相場も異なってくる訳です。